メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

菅原キク

Author:菅原キク
乙女サバイバルパニック『マザーグール』
コミックリュウWEBで毎月19日配信です!!☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/07/07 (Mon) 02:29
犬の話

作画にみっちり時間をかけたいので

ネームをやりたくてやりたくてしょうがないのですが

どうしても脳みそが切り替わらないので

強制的にシャットダウンするためにちょっと吐露させていただきます。

少しダウナーな話なので、引きずられそうな方はスルーしてください。


おととい4日の早朝、実家の犬・ドリがいなくなりました。

ドリは推定17歳の老犬で、耳もほぼ聞こえず目も見えず

時々おもらししたり延々母の足を舐めつづけるなど痴呆も見え始めた犬で

ここ1・2年は吠えることもしなかったのですが

その日父が散歩を終え、リードを外すと突然すごい剣幕で吠え走り去ったとのことでした。

父は以前から足が悪いので走って追いかけられず見失ってしまい

母は数週間前に半月板の手術をしたばかりで歩いて探せない。

車でうろうろ探したらしいのですが見つからず

昼過ぎに私のところへ電話をかけてきました。



正直言って私は仕事もすこぶる押してたし

人力で探せるわけないよなーと思ったのですが

両親が満足すればいっかと思い

実家へ向かいました。

その時は、ドリは黒くて大きめの中型犬で逃げた方向には小学校があるので

誰かが通報してくれるんじゃないかと甘く考えてもいました。


ドリが向かったであろう方角にある最寄り駅の大袋で降り、

日没まで4時間ウロウロ探し回ったのですが見つからず

実家に帰って老犬探しのコツを検索したところ

自分の初動のモチベーションの低さを呪う結果に。

老犬は一直線に進む習性があるので

逃げたらとにかく見失ってもまっすぐ追うこと。

帰巣本能も弱くなってるので自力では戻ってこれないとあって、

ちゃんと調べてから行ったらピンポイントを丁寧に探せたのに。。。!

時間がたつにつれ不安も後悔も膨らんできて

夜も翌朝4時ころからも探したのですが見つからず

私は自宅へ帰ったのですが

落ち着いてられず

ツイッターに書き込んだり、ネットで情報調べたりしていました。

そこで4日の夜9時、東武線、せんげん台春日部間で、踏切から犬が入り込みひかれたため

電車が遅延したという情報をみつけてしまいました。

まさかなと思いつつもせんげん台と大袋の駅に問い合わせたところ

亡骸はもう処分されてしまったものの

駅員さんが教えてくれたのはひかれた犬というのは

ドリか、またはドリとそっくりの犬でした。


ひかれた場所は北越谷・大袋間で

私が着いてまっさきに探した場所。

もっと丁寧に探してやってれば

ちゃんとコツを仕入れてから探してれば

見つけられていた場所でした。

そう思うと自分の初動の気持ちのどうしようもなさとか後悔がものすごく襲ってきて

今はドリの写真も見れない状態です。

線路はフェンスでおおわれているのですが

踏切から入ってしまい

目が見えないので出られなくなってしまったのかもしれない。

今はとにかく即死であってほしいと願うばかりです。


このブログの「犬」ってカテゴリとこに昔書いたのですが

ドリは本当に不思議な偶然をすり抜けて我が家にやってきた犬で

だけど今回はいろんなものをすり抜けて行ってしまった。

その中には私の怠慢も含まれる。

事故で我が家へやってきて事故で死んでしまった。

もう17歳だから大往生が待っているとばかり思っていたのに

本当にかわいそうで申し訳ないことをしてしまったと

悔いてばかりいます。

ドリそっくりな犬の死を望むのはいけないことですが

ひょっこりドリに戻ってきてほしいとか思ってしまいます。


私の懺悔に巻き込んで、気分を沈ませてしまった方がいたら申し訳ありません。

私も脳みそ切り替えてネームをしなければ。

頑張ります。








スポンサーサイト

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。