メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

菅原キク

Author:菅原キク
乙女サバイバルパニック『マザーグール』
コミックリュウWEBで毎月19日配信です!!☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/11/07 (Wed) 20:23
もしも学校が。。。!?

10話目の原稿おわりました~!!
そして原稿お渡し&打ち合わせをしてまいりました!


ところで私は『昭島スーサイド☆クラブ』には私の“好き”が詰め込んであるとしつこく言ってしまっているわけなのですが

その一つがコレ『もしも学校が。。。!?』という15年か20年前にやっていたドラマなのです!


内容は劣等生の子たちが「絶対にUFOを呼ぶ!!」と言ってバカにされたり優等生たちに邪魔されたりしつつも

最終的に学校の屋上に大量のUFOを呼ぶという一大スペクタクルドラマ。

とびきり面白いし再放送も何回もしてるので私は勝手に超有名な作品だと思っていたのですが

今まで人に聞いてこのドラマを知っている5人くらいしかいない。。。。

ちなみにそのうちのお一人は、月マガで『トキワ』を連載してる時、目次コメントに

「『もしも学校が…!?』DVD化希望!」って書いたら録画したものを送ってくださったのです!

ありがたい!!


とにかく私は『もしも学校が…!?』を始め、映画だと『しょんべんライダー』、児童書だと『ズッコケ3人組』
といった

落ちこぼれがスペクタクルなことになっちゃう話が大好きなのですが

最近ちょっと考えるのは、こう「思う」ってのは共感してるからであって

私が完全な落ちこぼれ気質だから何だろうか? とか。。。。

確かに優等生であったことっていっぺんもないな~

だけどだからこそスペクタクルへの心の準備だけはな並々ならぬものがあるんですがね!

私もUFO呼べるくらい頑張りたいな~と思います。


と言うワケで、実は今回の10話には『もしも学校が…!?』名台詞

「1+1は2じゃねえ!
 でっかい1になるだけだ!!」

のオマージュが入ってます☆







スポンサーサイト

<< チャンピオンRED1月号発売!!!☆ | ホーム | 昭島に行ってきましたー!!!☆ >>

コメント

お疲れ様です!
王道ものもいいですが、私も、なんでもない子たちが奇跡を起こすようなお話が好きです!

それがメインのお話でなくても、落ちこぼれだったり、あまり活躍しない人が敵を倒しちゃったりすると、おおっ!ってなります(^^)

そういえば、昭島スーサイド☆クラブのwiki項目が作られてますね!
ファンとしてとても嬉しいでーす( ´ ▽ ` )

これからも応援してます☆

Re: タイトルなし

いつもありがとうございます!!
そーなのです! 私も“一握りのスゴイ人たち”以外の子たちが
活躍する物語が大好きなのですよね~。

Wiki初ですよ!! すっごく嬉しかったです!
寒くなってきましたが柏木さんも身体に気をつけてお過ごしください☆



はじめまして。
例の名台詞をふと思い出し、検索したらここに着きました。
当時中学生だった私にとってエポックメイキングなドラマでした。

放送期間が短かく(ちゃんと完結してたので打ち切りではないはずですが)、アイドル的な出演者もいなかった(財前さんも駆け出しの女優だったし)ので意外と知名度が低いですよね。

それぞれ脛に傷を持った登場人物が最後に報われるというカタルシス感が良かったです。

最後に私からも名台詞を。(覚えてますでしょうか?)
「See you when the time comes.」

Re: タイトルなし

はじめまして! コメントありがとうございます。
返信遅くなってしまい申し訳ありません。。。!

私が中学生くらいの時は何度も再放送してたので勝手に有名な作品だと思っていたのですが
周囲に知ってる人があまりにいないんですよね~。。 不思議。

まさに傷持つ、ままならない感情を抱えた登場人物たちが
UFO呼ぶなんてゆうありえない目標に気持ちが収れんしてって
最後に報われるってゆうのが気持ちいいんですよねー!
意外と大人っぽいドラマな気もするのですが子供時代に出会えて幸せでした。

最後の名台詞はUFOが言ってたセリフでしたっけ??
マイコンたちにまた会いたいです!w




> はじめまして。
> 例の名台詞をふと思い出し、検索したらここに着きました。
> 当時中学生だった私にとってエポックメイキングなドラマでした。
>
> 放送期間が短かく(ちゃんと完結してたので打ち切りではないはずですが)、アイドル的な出演者もいなかった(財前さんも駆け出しの女優だったし)ので意外と知名度が低いですよね。
>
> それぞれ脛に傷を持った登場人物が最後に報われるというカタルシス感が良かったです。
>
> 最後に私からも名台詞を。(覚えてますでしょうか?)
> 「See you when the time comes.」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。