メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

菅原キク

Author:菅原キク
乙女サバイバルパニック『マザーグール』
コミックリュウWEBで毎月19日配信です!!☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/07/15 (Mon) 17:36
わんぱく

暑い日が続いてますね! 皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうかー?

201307081156001 (1)

上にあがったネームの方は、今月が編集部の期末にあたり忙しいらしくまだお返事は頂けておりません。

忙しいんだからしょうがない! と思いつつもネガティブ妄想は日増しに強まるばかりで

正直ビクビクした日々を過ごしております。。。!

そんなワケで最近の私は

イラスト描いたり

前回の記事で書いたご紹介の編集さんに結局お時間割いて頂いて打ち合わせしてもらったり

知人のお祝いの席におよばれしてもらって懐かしい方々とお会いしたり

企画の参考になりそうな本を読んでいたら、思ってたほど参考にならないかも? と思いつつ、思ってた以上に面白かったり

新しいアイデアが出ないかツラツラ考えたり

墓参りに行ったりなんかしております。


墓参りに行った時いとこの子供、5歳と6歳の男兄弟が来ていて、

それはもうわんぱく盛りで

あっちこっち駆け回って足引っ掛けて転んだり

いきなり蜂の飛んでる雑木林に特攻かましたりしていて

私は思いました。

「子供はしょっちゅう死にそうになる。親が子供を無事に育てあげるのって大変なんだな~」と。

で、ちょっと自分が子供の頃、死にかけた思い出がよみがえってきたのです。


私には2歳年上の姉がいるのですが、

2年先に生まれてるし、成績優秀だしご近所の評判もいい

私には勝てる所のない姉だったのです。

とくに私が負けを感じさせられてイヤだったのは

歌とか本を聞いたり読んだりした後に聞かれる

「この歌、どんなことを伝えたいか分る?」

「この本の一番言いたいことって何だか分る?」

という質問。

私は正解らしきものをもじもじ探して答えては

「違う」

と言われるという、

自分の感想は常に的を得てないという自信喪失が蓄積。。。

子供は残酷ですからねー、私がしょげてるのに気付くと

姉はアリの巣を掘るがごとくズクズクとここを掘り続けるワケですよ。


家で負けっぱなしだったもんで私は完全に外弁慶となり

「男子にも負けねえ」

位の気概で外では遊ぶことになるのです。

そしてその日も


確か小学4・5年生頃の夏だったと思うのですが、

家の近くに川があって、その川の土手で自転車チキンレースを

男の子にまじってやっていたのです。

どんなルールでやっていたのか正確にはどうしても思い出せないのですが

私は土手を立ち漕ぎで猛スピードで飛ばし

その勢いのまま橋に激突し

自転車を橋の欄干に残し

川に落ちるという

男子顔負けのわんぱく事故を。。。


っつてもたいした怪我はなく
 
四つん這いに着地したため

手の平と膝をすりむき、この時の砂利がいまだに膝には残っているものの

普通に家に帰ったと思うのですが。


あれ?

よく考えると別に死にかけてないな?

というか、どうやって帰ったか記憶にない。。。

まあでも私の人生の中では上位にスペクタクルな瞬間だったと思います。



とにかくこんなヒヤヒヤする存在をちゃんと大きくする親って生き物はスゴイな!

と思いました。

そして子供だってけっこう色々考えて生きてたんだと思い出しました☆








スポンサーサイト

<< 大噴火 | ホーム | お仕事!!☆ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。