メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

菅原キク

Author:菅原キク
乙女サバイバルパニック『マザーグール』
コミックリュウWEBで毎月19日配信です!!☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/09 (Thu) 17:24
担当さんの思い出

一番はじめに私の担当になってくださった方の話です。


打ち合わせ終わりに次回の打ち合わせの日程を決めようと話している時に、

「私この日は〇〇(東北のどこかだったような)に行くから打ち合わせムリ」と、担当さん。

聞けば、とある漫画家の卵さんが上京して漫画を描きたいと望んでいるものの、両親が地元での就職を強く望んでおり、担当さんが間に入ってご両親を説得しに行こうというのです。

私は思いました。

「スゲー」と。

だって「上京してきなよ」とは簡単に言えるけど、ひと一人の人生の岐路に、その人の親を前にして踏み込むってスゴイ覚悟が必要な気がするんです。

でも担当さんは

「絶対モノになる人だと私は思う。もったいない」

とおっしゃり、東北の地でその方の両親を説得し、漫画家の卵の方は上京することとなりました。

見込んだだけあって、その卵の方はすぐに連載を獲得しました。

しかし長くは続かず数カ月で連載は終了。

生活のこともあり、その漫画家さんは地元に戻ることにしたそうです。


。。。。が、

地元で漫画を描き続け、

2本目の連載はヒット作となり、長期連載となりました(同じ雑誌で)!

私はその雑誌を離れて久しいので分らないのですが、

たぶん今も活躍してらっしゃるんじゃないかな?



漫画家を目指している人は沢山いるし、成功例が少ないことだって担当さんは良くご存じだと思うのです。

でも「この人はイケる!」と思って踏み込んだ。

たぶん失敗してたらスゴイ後悔しなきゃいけないことも覚悟の上で。


漫画家は自営業だから、基本的には全部自分で決めなくちゃいけないワケです。

その場でくすぶって腐ろうが

行った先で砕け散ろうが

全部自分の責任。能力次第。

だからちょっと憧れるんです。

その責任の一端を担おうとした担当さんもスゴイですが、

そう感じさせるモノを持っていた漫画家さんがスゴイな~と。

誰かに信じてもらえるのって幸せだよな~と。



でも雑誌に載せてもらえること自体、多少なりとも信じてもらえてるということだと思うので、裏切らないように頑張ります!!!!☆
スポンサーサイト

<< 宣伝!!!!!☆ | ホーム | 打ち合わせの思い出 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。