メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

菅原キク

Author:菅原キク
乙女サバイバルパニック『マザーグール』
コミックリュウWEBで毎月19日配信です!!☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/13 (Tue) 16:18
のびしろ

じつは最近ここに来て私、作業スピードが上がってきているのです!!

下描きはあいかわらず遅いのですが、ペン入れとネームのスピードが。

上手くいかない時期も長くあったし「ただ闇雲にやってたら終わっちゃうかもな」と真顔で思い、自分に合ったやり方というのをまじめに考えてみようと思ったら。。。

ちょっと早くなった!

とはいえ私用のやり方なので

「ぜひおススメ! やってみて!」と言うつもりはないのですが。

028_convert_20120313155452.jpg

ネームに関してなのですが、

まず

「担当さんに、私はそこそこいいモノを描けると信じられている」

と思い込みます。

“思い込む”というのは“本当は信じてもらってなかったとしても、私はそう思おう!”という保険も含まれています。

そして打ち合わせでは

もうおかまいなしに、自分が気になること・知りたいことを貪欲に聞きまくります。

最近の私は打ち合わせに前のめりすぎて、椅子から5ミリくらいはつねに浮いている状態です。

そして打ち合わせで「だいたいこんな流れ」ってのが出来、お家に持って帰ります。

1日2日ぼんやり考えながら暮らしたのち紙に描き始めるわけですが、描く時はもう

「打ち合わせの再現性とか気にしない!」

「全部私が決める!」

という構えで描きます。

だから打ち合わせの時自分が言った「だいたいこんな流れ」ってのが、全然違うものになってしまうこともあります。

「カレーを作ろうと思って作り始めたのに、肉じゃがになっちゃった!」

とか

「カレーを作ろうと思って革靴の素材を入れちゃったけど、結局カレーが出来た!」

みたいな。

やっぱり結果を出していない身としては自信なんてないわけですからほっとくと

「打ち合わせの再現にのみ忠実なこじんまりしたネーム」とか

「自分で判断することを放棄したとっ散らかったネーム」が出来ちゃうんですが、

がんばって腹をくくるのです。

「私はコレがいいと思って描きました!」

 と。


打ち合わせの時の内容は土壌となっているので完全に無視してるわけではないですよ。

ただ「信用されてないんだろうな」なんて思ってしまうと、自分は不正解ばっかりだ、だから相手の正解にすりよろうとして迷ってばっかりになってしまう。


でも「誰かが信じてくれるなら、私はそれほど外さない!」って描くと、とりあえず腹のくくれた判断が出来る気がするのです。


ぐらぐらする自分の足場として利用させていただく。

そしたらちょっと早くなりました!!




まあ、このやり方もまだ実験段階で、結果が出るまで「いい」か分らないのですがね!

いろいろちゃんと頭使ってやってみないといけないんだな~と今さら思っているのです。

過去の私にも言ってやりたい。

私の伸びしろなめんな!!!と☆



スポンサーサイト

<< おもてなし。 | ホーム | 奴隷根性 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。