メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

菅原キク

Author:菅原キク
乙女サバイバルパニック『マザーグール』
コミックリュウWEBで毎月19日配信です!!☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/02/17 (Sun) 01:48
5億当たってももう引越ししたくない

多少ご無沙汰をしております!

前回の記事で「早く引越ししたい!」なんてのたまわっていた私ですが

引越し、もうホンっっっっと大変でした!!!!

結局荷物が自分の想像をはるか超える分量あり、

引越し屋さんに始め「段ボール50箱位」と申請してたのですが、

見積もりの段階で「100箱ぐらいですね」と言われ、

結局それでも足りず、合計140箱。バカじゃないの私。

うち漫画だけで70箱という(すごく重い)。。。。

来てくれた引越し屋のお兄さんも明らかに絶望の色を滲ませていましたよ。

机やイスの数で、どうやら私が漫画を描いているってことがバレタらしく

「漫画家さんだったらしょうがないっすよね~。普通だったら無いっすわ~」と(めっちゃさわやかに)言われましたが

ソレ、 ほとんど漫画家じゃないうちの旦那さんのコレクションだから!!!

そんな大量の荷物を格安料金でテキパキ運んでくれて、

何だかんだ処分品もいっぱいオマケで引きっとってくれて

さらには家具の配置やら家の備品へのアドバイスもいっぱいしてくれて

もうホントに感謝しております!

ありがとう“フクフク引越しセンター”!!

口コミナンバーワンはだてじゃない!

未来永劫幸あれ!!!!



そんなこんなで引越し自体が地獄だったのですが

おそらくもっとも地獄を感じていたのが家のネコ・しめだったと思うのです。

今度の家は2階建ての一軒家なのですが、

3日間2階の寝室に当てた部屋から出てこず、

ご飯も水も飲まず

オシッコは押し入れか人間用のベットで。。。

さらに地獄のサイクルは続き

洗濯機と蛇口をつなぐヤツが痛んでたらしく廃棄してもらっていたので

オシッコ臭の凄まじい布団を3日間洗うことができず

新生活の臭気がスゴイことに。。。

おまけに武蔵野市はゴミが登録制で転居届を出してから業者に委託するので

ゴミ出しができるようになるまでも日数がかかり

その間少し機嫌を直したしめがゴハンを食べるようになったのですが

自分の不満を伝えるコミュニケーションの手段として

“ウン〇を漏らす”手を使い始めてもゴミ出し出来ない!!

私はそんなことはミュージカルの世界だけの出来ごとかと思っていましたが、

両手を広げ、自然に言ってしまいましたよ。

「ここは地獄か!!!?」と。

その地獄の中で終わってなかった8ページの原稿をメソメソしながら仕上げ

本当に大変だった。。。


まあようやくしめも落ち着いてくれて、ゴミも出せるようになったし

私も腰を落ち着けてプロットやらネームやら出来るようになりましたー。

ただもう覚悟してたことではありますが

一戸建てはものすごく寒いですね!!!

トイレ行くのとかホント憂鬱ですわ。。。

でも今回の家、ちょっと気に入ってるところもあって、

私は特に鉄子というわけではないのですが

線路が近いため

お風呂に入ってると電車の音が聞こえてきて

なんとも銀河鉄道な気持ちになるんですよね。。。。

そして「お疲れ様! 私も働くぞ!」という気持ちに。


つっても今無職だから早く労働の喜びを感じられるように頑張ります!!!!☆




2013/01/15 (Tue) 15:36
学校の先生

昨日はスゴイ雪でしたね!

成人式の方々は大変だったのではないでしょうか。。。?



最近ニュースで体罰だ、いや暴行だと語られているじゃないですか。

それを見ていてちょっと思い出したことがありまして。



私は中学も高校も埼玉のマンモス校に通っていたにも関わらず、

なぜかどっちも「3年間同じ担任」という状況だったんですね。

中・高で担任が2人。

その中でも忘れられないのが中学の担任のM部先生。

当時まだあまり知識のない私にも理解できるほど

M部先生はドヘンタイでした。

給食の時間、他のクラスは校内放送を聴いていたように思います。

なのに私のクラスはM部先生の

「戦時中の大変さを見、食のありがたさを知れ」という号令のもとに

アニメ『はだしのゲン』の

ゲンが戦争で傷ついた人のお世話をするシーン

。。。。包帯から湧き出るうじをピンセットかなんかでとるシーンを

食事の時間永遠見せられるという苦行を強いられていました。

たぶんドSという性癖の方だったんじゃないかと思うのですが、

その対象は子供たちだけに留まらず

汚れること前提の遠足の日に

なぜか新品の真っ白なジャージの上下でキメテきたM部先生は

案の定すぐにジャージを汚し

それを笑った同僚の教師に殴りかかるという奇行も見せていました。

。。。よくクビにならなかったな!!

そんなM部先生ですから体罰もけっこうあったように思うのですが、

アレ。。。? あんまり記憶にない。

唯一残っているのは、流血した記憶で

体育祭だか文化祭の準備の時

なんか私は看板をつくる係だったと思うのですが

やる気のない所を見つかって

「テメ―はコレで打っとけ!!」と

釘におでこを打ち付けられ

流血した記憶が。。。。

流血した私をM部先生は笑って見下ろしていたような。。。?


まあ、とにかく私の学生時代は体罰とかよくあったように思うのですが

それが「私を矯正するため」っていう認識はあんまりなかったように思います。

相手の「怒りの尺度」ぐらいにしか思ってなかったな~。

「この位怒っているのだ」と。

ヒステリー。

とくに大人になってからは

暴力って自分の怒りの分量をを相手に伝えるための手段でしかなく

「上手く言えないゆえの」手抜きコミュニケーションでしかないと思うんです。

よく「殴った手の方が痛い」とかいうけど、

言葉を尽くすよりは絶対時間短縮になりますからね。

M部先生の場合は性癖がからんでるっぽかったから

「手抜き」ではなく「濃厚な」コミュニケーションだったのかも知れないけど。



体罰をしてしまうのは「教育者」だからじゃなく「人間だから」で、

教育者だったらなおさら体罰しちゃいけないんじゃないかな~と思うのです。

だから聖人君主ヅラして「お前のためだ」って殴りつけてくる教師よりは

むき出しのM部先生の方が私にとってはまだマシ、というかギリ身近。

先生としては大失敗な方だったのかもしれないけど。


ちなみにM部先生は私が中学を卒業した2年後、

41歳の若さでお亡くなりになってしまったらしいです。


「面白い先生だったな」という記憶は思い出補正なのかも知れません。

2013/01/08 (Tue) 13:58
お引っ越し

仕事や学校が始まったころだと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は今住んでいるところが2月で更新だということもあり

昨年末からチラチラ家探しなんてしていたのですが、

いい物件が見つかったので、この度引っ越しをすることになりましたー!



うちは夫婦ともども家で仕事をすることが多く、住居兼仕事場だとどうしても3部屋は必要なんですね。

でもってペット可物件。

駅から10分圏内。

ちなみに今住んでる所からも7~8分。

ホントは戸建てはめんどくさそうで避けたかったのですが

今住んでる家賃より大分安いっつーことで

内見して即入居を決めてしまいました。

そして。。。

気味の悪い話です。

私はずっと東京の西荻窪という地に暮らしていて

以前も今住んでるいるマンションから徒歩5分位の所で暮らしていたんですね。

そこで連載を目指しながら某本屋さんでアルバイトをしていたのですが

その本屋の大通りを挟んで斜め向かいに定食屋さんがあって、そこの息子さんが本屋の常連さんだったのです。

当時彼は中学生か高校生。数年間客と店員の関係を続けましたが

『トキワ』の連載が決まり、私はアルバイトを辞め

当時の住居じゃ狭すぎると今住んでいる所へ引っ越しをしたので、彼の成長を見届けるのはそこまでになりました。



そして新しい住居(今の家)。

そこの前には24時間営業のスーパーがあってとても重宝していたのですが

数年たったある日気づきました。

なんと、あの定食屋さんの息子が働いているではありませんか。

まあ近い範囲で住居や職場を決めたらこうゆうこともあるよな~なんて思いつつ

お互い気付いてない風に客と店員の関係を続けていました。


そして私はこの度引っ越すことになりまして、

最寄駅は西荻なのですが、今度は住所が吉祥寺になるので

もう彼ともおさらば。「大きくなったな。お元気で!」とか思いつつ

先日今度住む家の内見へ不動産屋に連れて行ってもらったのですが

なんてゆうか、その家。。。。

あの定食屋の斜め後ろじゃないか!!!

あの道挟んで吉祥寺だったのか。。。

ホント狙ってませんよ? たまったまなのですが

彼は思うかも知れない

「どこまで追ってくるつもりだ
このストーカー女め!」と!!!


この事実に気付いた時、さすがに気まずいしやめよっかな~とも思ったのですが

ここまで条件ピッタリな物件はなかなか見つからず

契約しちゃいましたよ。。。

近場でアレコレするとこういったことが起きるんですね。。。

ゴメンネ。定食屋の息子よ。


相手は私が漫画を描いてることは知る由もないけど、

万が一コレを読むことがあったら

私たちの「愛なきプラトニックストーカー物語」は補完されることになるのでしょうか。

ゾッ。。。。。。

あ、家賃安い理由は築41年と戸建てが不人気ということで

断固オバケ問題ではないと思いますよ!

その辺しつこく聞いたし!


そして、コレも偶然だとは思うのですが、

ここを仮契約した日に新しいところからお仕事のご連絡をいただいたし

定食屋の息子はビリケンさんに似てるし

縁起がいいと思い込んでいるので

心機一転がんばります!!!!☆

引っ越し自体はすごくメンドクサイですが!

2013/01/02 (Wed) 02:24
あけましておめでとうございます!!!☆

昨年は大変お世話になりました。

お礼の気持ちを込めて年賀状を描いてみたのですが

ヘンなサイズで描いたためか上手くスキャンが出来ず写真になっちゃってスミマセン!!

新年のっけからつまずいております!! 
もーーーー!!
201301020015000.jpg

寒さ対策のためとはいえ
明らかにサイズの合わない服を着せられている
実家の老犬・ドリ
201212201614001.jpg

201212201849000.jpg

カッパ
201212301612000.jpg

超絶美少女・しめ
201209111535000.jpg

201204281634000.jpg
201205200003001.jpg


昨年は本当に私は好きな仕事してお金をもらっているのだなと実感した一年でした。

だからこそちょっと後ろめたい思いもあって

労働たるもの

「キツイ・しんどい・思い出したくない」

があって然るべきものだと思うんです。

一個の物語に与えられるチャンスは基本的に一回。

大好きになれる物語に出会えたのに私は

思い出したくもない程の労力を尽くせたのか! と。

正直私は楽しかったのですよね。『昭島』描けて。


だけどやっぱり頑張り、耐久脳みそフル稼働が足りなかったんじゃないかという思いもあって

楽しくて後ろめたい。

私は去年、好きな物語を描くことは本当に幸せなことだと知ってしまったので

だからこんどそうゆう物語に出会えたら

思い出したくもないほど頑張ってみたい!! なんて思っています。

なので今年の目標は「尽くしまくりたくなる物語に出会えること」

それを皆さんにお見せできるようになることです!


気の早い話ですが、今年の年末は好きな仕事でヘトヘトになってるのが私の理想。

頑張ります!

皆さまにおかれましても、いろいろ満足できることの多い一年になりますように微力ながら願っております!

いい年にしましょうー!

今年もヨロシクお願いいたします!!!☆


2012/10/12 (Fri) 19:54
知恵ちゃんの聖書

自分のことに夢中になっていて
非常に恩知らずなことをしてしまいました!!

『昭島スーサイド☆クラブ』の帯を書いて頂いた
ちばぎんさんがベースのバンド

“神聖かまってちゃん”のシングルCD
『知恵ちゃんの聖書』が
10月10日に発売されていますよー!!!

201210121716000.jpg

知恵ちゃんがいいのはもちろんですが
『「熱いハートがそうさせないよ」も
すごくいいのですよ!
やったれやったれやったれストライカー♪

もしよろしかったら
お買い求めになられてはいかがでしょうか!!!


そんなこんなで私の方はといいますと

色々もだえつつも
10話目のネーム、一部練り直し個所も出ましたが
終わりましたー!!!

なんて言うか、やっちまった恥ずかしさと
ぶちまけたった高揚感が未だにどっちもあって

普通こうゆう事態にあった漫画家さんは、
どんなに大好きな作品であっても唇噛んでやり過ごすところを
私は「イヤだ!!」と公開ダダコネをしたわけだから
そりゃあ身もだえする程恥ずかしい。

その一方でこの『昭島スーサイド☆クラブ』は
「普通・不文律くそくらえ」
「我を通せ!!」と言ってる作品なので
それをやった高揚感もあるのです。
『昭島』しでかしてやったぜと。

『昭島』は自分がこうありたいっていう理想の物語なので
つまり普段の自分とは逆なんですよ。

だからいざやってみると
こんなに神経する切れるものだったとは。。。!!!

だもんで自己陶酔の麻酔ブチ込んで暴走し
ヤッベ目的忘れてた!! ってカンジになってしまったと思うのですが


物語に没入し過ぎてる自覚もあります。
でも描いてる間はできるだけ『昭島』でありたいんだよな~。

『昭島スーサイド☆クラブ』は

弱い子たちが
間違ったり挫けたりしつつも
死ぬ気で世界に我を通すために戦う!

という物語なのです。

良かったら買ってね!☆

で、昨日実家の親と話してたら
母親はまあ普通に犬がどうした猫がどうしたって話だったのですが
父親が
「太陽にあたれ」
「散歩しろ」
としきりに私に言ってくるのですよ。

。。。。お父さんがここを読んでたとしたら!!!
それはとんでもなく恥ずかしい!!!!!
見ないで!!!!!

| ホーム |

前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。